La Gazette du Sorcier - Edition Poudlard12

Aller au contenu | Aller au menu | Aller à la recherche

[Avril] Spring is coming

http://gazette.poudlard12.com/public/AmyPont/GdS_162/Spring_is_coming.png

Musique accompagnant l'article

 

おはよう!


あなたはどうですか?我々はWildeの最大の愚かなオナラについて話しています。いいえ、冗談です。もう少し敏感なトピック、Springについて説明します。確かに、私は春の穏やかな天候に直面するために身に着けるべき異なったスカーフについてあなたに話すことができました、私はそれをしません。私は桜の花について話したり、春が来たときにはBdragonのあごひげの赤い色合いについて話をするつもりはありません。私はもう少し気持ちで何かについてあなたに話すのを好みます。約束されて、それは「私が考える」の繰り返しではないでしょう。それはより一般的な事実の陳述となるでしょう。私は自分の散文を置き、私は今感じているもののように私には思えるかもしれないものに言葉を置きます。

あなたが好きではない場合は、コメント、フクロウまたは直接官報の机の上に私を侮辱することを躊躇しないでください、それは私の喜びになります。

話題に戻るために、私は新聞の紙で眠るつもりです、それは私が言うことが不可欠であると思います。春は過渡期です:私がリンクを共有した歌として枝の前にルーツ。枝を持つには根が必要です。つまり、前進するためには、冬に対応するのに十分な強度の枝が必要です。友達、親戚、家族。なぜ私はあなたにこれを言っているのですか?それは簡単です、荒れた冬から甘くて希望のある春へのこの移行期、私たちは毎年そこで過ごします。時々、私達はそれから出てきます、時々、私達は前進しているようには感じません、そして時々我々は後退して枝に引っかかっていると思います。私たちは一度、木とそれほど変わらないと思います。冬になると、私たちは肉体的、精神的、道徳的な準備をすべて消費し、春になると、私たちは機知に富んだものになります。

私は木と私たちの間で長い比喩を回すことができましたが、私はあなたがその考えを理解したと思います。私が最初から発明したタイトルに戻ります。春はマナーを和らげ、心を満たします。これは私があなたに言っているという一般的な真実の文ではありません、私はもっと希望を話します。この春は冬が残した穴を埋めるようにしたいです。私は木が咲くようにしたい、私は再び笑顔を開始したい、私は太陽を支配したい、私は心を愛でいっぱいにしたいです。私たちの家族が毎日私たちに示している愛、私たちの愛する人たちがあらゆる激しい打撃で私たちにシャワーを浴びる愛、私たち自身が自分自身を証明しなければならない愛。結局のところ、これが最も難しいのですが最も重要です。そうしないのなら、どうやって他の人にあなたのためにそれをさせたいのですか?

春は習慣を甘くする、つまり習慣を言うのです。習慣は冬にやさしい生活をしているのは事実だからです。私たちは外出や滞在はせず、あらゆる種類のものを見ながら家に閉じこめられたままになります。私たちは毎日を圧倒させ、それはやめなければなりません。外に出て、桜の花の香りとその美しさを感じてください。何千もの日光浴をして、何度も笑うことはできないので、何度も笑うことはできません。人生春は晴れた夏の前提なので、外出は明るい未来の前提です。

私はあなたに十分に言うことができない、しかしDestinyはあなたが主人である共時性の単なる収束です。もっと簡単に言うと、人生は道路のようなものだと思います、あなたはあなたのものを借ります、そしてさらに、誰もが彼らのものを持っています。時々、それらはいくつかの拮抗薬の間を行き来しますが、それぞれが自分自身を持っています。そしてすべての重要な瞬間に、あなたはいくつかの道路の選択肢で立ち寄ります。しかし、事前に、あなたはそれぞれの道路を運転するであろうものをあなたに伝えるためにいくつかの異なるルート上の指示を与えられました、あなたは実際にはその警告サインを見ることができません。 synchronicities。そして、共時性が収束したとき、決めるのはあなた次第です、それはそれと同じくらい簡単です。あなたはゲームの達人です、決して忘れないでください。

あなたは、フィジオ、それは完全にロック解除されていると言う、あなたはおそらく正しいですが、これらすべてに論理があります。春はこれらの選択、これらの道路の変化のためのハイライトです。これがこの期間が重要な理由です。 9月と同じように勉強します。正しい選択を見つけるようにお願いします。結局のところ、すべての道はローマに通じるので、すべての道はあなたが必要とするものにあなたを100%連れて行くでしょう。それで、あなた自身とあまり批判的にならないでください。

私は皆が眠らなかったことを願っています、私は約束します、私の記事はもう少し退屈になるでしょう、しかし私はそれについてあなたに話さなければなりませんでした。私はあなたに美しい道と歓喜を祈ります!

http://gazette.poudlard12.com/public/0Nouveaux_sceaux/Badges_des_lecteurs/physio.pnghttp://gazette.poudlard12.com/public/0Nouveaux_sceaux/aaliya.png

 

Partager : Partage

Ajouter un commentaire

Le code HTML est affiché comme du texte et les adresses web sont automatiquement transformées.

Fil des commentaires de ce billet

© 2009-2019 Poudlard12.com :: Propulsé par Dotclear